精油(エッセンシャルオイル)について

精油(エッセンシャルオイル)とは

精油(エッセンシャルオイル)とは植物の香り部分を抽出した天然の液体のことを指し、自然植物の花や葉、根や種子、樹皮など様々な部分に含まれています。それぞれの植物が違った独特の香りを持ち、効用も種類によって異なります。

精油には揮発性という性質がある

精油には「油」という文字が入っていますが、精油自体はいわゆる「油」ではありません。水に溶けず、また水より軽いため水面に浮いてしまい、その様子から「油」という文字が使われるようになったと言われています。また揮発性という性質を持っており、空気に触れて時間が経つと大部分が揮発してなくなってしまうことも特徴です。

世界には数百種類の精油がありますが、精油を抽出するためには非常に多くの植物が必要なためローズやジャスミンなどのように非常に高価なものもあります。

人気の精油

人気の精油としては、ローズオットー、ゼラニウム、オレンジスィート、ラベンダー、クラリーセイジ、レモン、レモングラス、ティーツリー、ローズマリー、カモミール ローマン、イランイラン、サイプレス、ジュニパーベリー、パルマローザ、パチュリー、シトロネラ、サンダルウッド、フランキンセンスなどがあり、ココロコスメでも10mlで購入できます。

精油の抽出方法

精油の抽出方法にはいろいろな方法があり、一般的取り入れられている水蒸気蒸留法をはじめ、高温乾留法、低温真空抽出法、冷浸法、溶媒抽出法、二酸化炭素抽出法、エタノール抽出法などがあります。
花成分や、木、根、葉っぱなだ色々な素材に合わせて抽出方法を変える場合もあり、抽出方法の違いにはメリット、デメリットも存在している。また、抽出の仕方によっては、香りの違い、成分濃度の違いなどもあわられる可能性があるためチェックする上でも大切な判断材料になります。

精油は脂溶性という性質がある

精油は脂溶性という性質も持っており、水には溶けにくいのですが、油には非常によく溶けるため、キャリアオイルとともにアロマセラピーのために使われることが多くあります。アロマオイルなどと呼ばれることも多いですが、合成香料などを使用して作られる商品とは違い、商品としての精油は100%天然の植物由来です。

ココロコスメの精油はヨーロッパ各国で抽出した精油を直輸入し日本の化粧品会社工場でしっかりとした管理の元で製造されております。
安心してお使いいただけるよう生産しております。

>>ココロコスメの精油一覧

ホホバオイル

ホホバオイルのアンチエイジング効果

ホホバオイルとは、アメリカ南部からメキシコにかけての砂漠地帯に生息するホホバという多年草から採れる天然オイルです。先住民族の間では傷や火傷の治療、乾燥の防止、また食用としても重宝されてきました。現在は医療機関や美容サロンでも火傷治療、アトピーへの保湿、マッサージ用のオイルとして用いられており、安全で有効なものであることが立証されていると言えます。
主成分であるワックスエステルは人間の肌にも含まれている成分で、人肌になじみやすく、非常に強い保湿力を持っていると言われています。またビタミンEも豊富で、抗酸化作用があるためアンチエイジング効果もあります。その他にも天然トコフェロールやアミノ酸、ミネラル、ビタミンA、ビタミンDも含まれています。

ホホバオイルは顔や全身のスキンケアに最適

ホホバオイルはなんといってもクレンジングに使用できる点で優れています。不要な角質を柔らかくし、毛穴に詰まった皮脂や化粧汚れを浮かせてくれる作用があります。オイルを適量手に取り、人肌に温めてから顔全体を優しくマッサージしてください。ティッシュで軽くオフしてから洗顔をすることで、すっきりとした肌を手にれることができます。また保湿効果が大変高いので、顔や全身のスキンケアに最適です。化粧水(または化粧水+美容液・乳液)後にオイルを適量塗ることで、うるおいを閉じ込めハリを与えてくれます。全身のマッサージの際にオイルを塗ってから行うとより血行が良くなりより効果が期待できます。さらに、シャンプーの前にホホバオイルを適量手に取り、頭皮マッサージを行うことで、毛穴に詰まった皮脂を除去することができます。しばらく保湿した後、通常通りシャンプーをすることで、清潔で健康的な頭皮を実現することができます。また、コンディショナーや洗い流さないトリートメントなどに混ぜて使用していただくと、髪の毛の調子を整え、ダメージを補修する効果が期待できます。

ココロコスメのホホバオイル

ホホバオイルとは?

ホホバは、主に南カリォルニア、アリゾナ、メキシコ、中南米、南米等の砂漠地帯に生息しています。多年生の低木で、樹齢200年に達する珍しい植物です。厚く、固い表皮を持つので、過酷な環境でも水分を逃がさず保持できるのです。またホホバは、ゆっくり歳月をかけ、根が地中深さ30m間で伸び、樹齢10年程になってからようやく種子を実らせ始めます。つまり収穫できる様になるまで最低でも10年程かかるという大変貴重な実なのです。

《肌への美容効果》

貴重なホホバの実から抽出されたオイルは、皮膚の保湿をはじめ、活力回復、シワ予防、柔軟作用、潤滑作用、組織の再生など多くの効用があります。
低刺激のオイルで無香料なので、どんな肌質の方でもお顔やからだに安心してお使いいただけます。

ホホバ油はエラスチン(肌の弾力性)の代謝を活性化させ、肌の細胞内の水分バランスを整えてくれるので、カサつきが気になる乾燥肌の方にもオススメです。また若々しさを保つための素晴らしいアンチエイジング剤として認められています。

例えば、肌がゴワゴワしたような手触りで固さを感じるとき、肌表面の角質が厚く詰まりやすくなっている状態です。肌の代謝(細胞の生成)が落ち、こういった状態は更に、くすみ、シミやシワ、ニキビや吹き出物などの悪循環になりかねません。そのため、ホホバ油などの柔軟性や、やわらかさを与えてくれるオイルは肌代謝の再生をするのに必要なものです。お肌をやわらかくすることで美容成分をグングン飲んでくれる肌へと導きます。

ホホバ油と他のオイルとの大きな違いは「ワックスエステル」の含有量です。
種子からワックスが抽出されますが、重さの50-60%がこのワックスエステルにあたります。他のオイルと比べダントツに含有量が高いです。
ワックスエステルとは肌の弾力や潤いを保たせてくれ、他にもさまさまな効果があります。私たちの皮膚にも20-30%ほど含まれています。

そのためホホバ油の組成は肌に近く、とても馴染みがよく浸透しやすいです。さらに皮脂膜を強化し、脂性肌の皮脂バランスを調節することもできます。

ホホバ油には優れた殺菌作用、反バクテリア作用、汚れを落とす作用があり、ニキビや吹き出物ができた部分に使用すると特に有効です。「テカリ」「化粧崩れ」のお悩みで気にしている方にも是非使っていただきたいです。

朝晩の保湿ケアオイルとしてはもちろん、その他にアイメイク落とし、お顔全体のクレンジング剤として利用するのもオススメです。

ホホバ油は、炎症を抑える効果があるので、アトピーや皮膚炎がある方でも安心してお使いいただけます。
敏感肌、赤ちゃんの肌にも使える万能のオイルです。赤ちゃんのおむつかぶれにも、ひび割れた肌(手先、ヒジやかかと等)にも効果的と言われています。炎症を抑え、しっかり保湿してくれます。

《ボディマッサージオイルとしても大活躍》

なんとセルライトや妊娠線の予防にも効果的です。皮膚を柔らかく保ち、代謝を促進します。妊娠中のホホバオイルでのマッサージは、医療機関でも行われているところがあると言われています。

最近では、ホホバオイルを利用したリンパマッサージが人気を集めており、血行を促進して老廃物を蓄積させない効果があるとも言われています。

砂漠でも育つ性質から、ホホバオイルはとても熱に強い植物です。普通に使用している分には、数年間の保存が可能と言われています。(10度以下で白く固まる性質がありますが、特に問題なくお使いいただけます)

オイル美容が初めての方、特に使用しやすいオイルの一つだと思います。万能で、とっても役立つ貴重な100%ピュアなホホバ油、是非お試ししてみてください。

アルガンオイルとは

アルガンオイル

アルガンオイルが採れるアルガンツリーは非常に古くから存在している木で、おもにモロッコ南西の乾燥地帯の80万ヘクタールを超える広大な土地に育っています。

アルガンツリーの果実はウォールナッツ位の大きさで、種を覆う、堅い殻を割って、種を取り出します。果実を引いてペースト状にして、油をしぼりだす。
機械による作業が難しいため、すべて手作業で行われる。
この工程で100kgの実からとれるアルガンオイルは、わずか1リットル。しかもその1リットルに対して、かかる時間は、約20時間。手間や時間のかかるアルガンオイルは先住民のベルベル人の民間治療薬として使われていました。
すぐ南には広大なサハラ砂漠という環境で、アルガンオイルは過酷な乾燥から肌を守るための必需品でした。

≪肌への効果≫

アルガンオイルには皮膚の引き締め、軟化、滋養、保護、作用などのほか、皮膚をなめらかにする作用があります。
天然のビタミンEが豊富なことから、アンチエイジングにとても効果的です。アルガンオイルは細胞を活性化させ、肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常に戻すよう働きかけてくれます。

オススメの使い方はアルガンオイルでフェイシャルマッサージ。5.6滴ほど手に取り、顔全体を優しくマッサージしていきます。肌のキメが整い、なめらかさを与えてくれます。慣れてきたら、入浴時に試してみましょう。手にたっぷりオイルを取り、首やデコルテ部分までゆっくりマッサージしてあげましょう。ある程度肌に馴染んだら、そのままの状態でも、洗い流していただいても結構です。ここにラベンダーの精油を1、2滴混ぜてマッサージしてあげると、肌の新陳代謝もより高まり、吹き出物や傷跡など、肌の炎症を抑える力もプラスされ、相乗効果が期待できます。この時の注意点は、肌に合わない場合は、直ぐにすすぎ落としてください。また目の周りは避けるように使用してください。香りも広がり、贅沢なひと時を味わえます。

アルガンオイルのすばらしさはリノール酸を多く含んでいるため、肌の奥に浸透すること。肌の各角層の間にある細胞間脂質に作用し、水分と油分のバランスを保つ作用があります。肌をふっくら柔らかくし、水分を保ち、栄養を吸収する効果があります。リノール酸は体内では構成できない、私たちにとってかかせない成分です。

顔に使う際のオススメの使用方法は、洗顔後軽くタオルで水気を取った後、アルガンオイルを2.3滴取り手のひらに馴染ませてから、顔全体に優しく推し当てるように保湿してあげると、その後に使う化粧水の浸透力が明らかに違います。グングン化粧水を肌が飲んでくれて、ベタつきもなく、しっとり肌になります。オイルでありながらサラッとしてベタつきが少ないのは、他のオイルより、このリノール酸を含有量が極めて高いからです。

アルガンオイルには天然のビタミンEがオリーブオイルのおそよ2~3倍も含まれています。ビタミンEは、毛細血管を拡張させ、血液の流れをよくすると共に、新陳代謝も活発にします。
ビタミンやポリフェノールなどが豊富なことから、炎症を抑える働きがあります。体の中にある活性酸素は体内の組織を酸化させ、アトピーの炎症を引き起こしている原因の一つでもあります。さらに、過酸化脂質は細胞を傷つける作用があることから、それを防ぐことは、アトピーの炎症を抑えることにもつながります。またアトピーの炎症に関わらず、季節の変わり目など肌が敏感な時にも使いやすいです。

≪頭皮ケアに最適≫

アルガンオイルは頭皮やヘアケアにも有効です。シャンプー前の軽く濡らした髪に、15~20滴ほど頭皮全体にたらして頭皮マッサージをします。軽くすすいでからシャンプーすると、シャンプーでは取れない毛穴の皮脂詰まりがとれ、すっきりします。定期的に行うことで頭皮を健康に保たせてくれます。
ヘアケアの面では、ヘアパックに混ぜたり、少量をセットするときやドライヤー前に髪にすりこむことで、髪に適度な油分と栄養補給ができます。ドライヤーの熱や紫外線から髪を守ることもでき、さらさらな状態に保つことができます。

ココロコスメのアルガンオイルを是非お試しいただけばと思います!

EU【NaTrue】認証団体について

2009年に欧州の化粧品会社が発足させたオーガニックコスメ認証団体になります。

加盟している化粧品会社は、Dr.ハウシュカやLOGONA(ロゴナ)、 WELEDA(ヴェレダ)やPrimavera(プリマベラ)、lavera(ラヴェーラ)などオーガニックコスメの有名な企業が名を連ねています。

認定基準の表示記載義務、認証制度のビジネス化をしない非営利団体、化粧品に入っているオーガニック成分の含有率をわかりやすく★の数で紹介しているところが特徴的です。

ネイトゥルー認定ガイドラインの概要とは

2008年に作られたオーガニック認証で、原料の配合率で3つのレベルにわける認証で表しています。
自然化粧品、オーガニック原料を含む自然化粧品、オーガニック化粧品の3段階に分類されています。

認証にはきびしい認定基準があり、 細かく制定しています。この基準をクリアした化粧品だけが認定を受けることができます。

・動物実験を行っていません
・ナチュラルおよびオーガニックな成分が配合されています
・認可されている製造段階での制限が厳守しています
・環境にやさしい製造方法でつくられている化粧品です。
・合成香料および合成色素は使わせていません。
・石油系原料(パラフィン、PEG、プロピル系、アルキル系、その他の石油誘導体等)は含まれていません
・シリコンオイルやその誘導体は一切入っていません
・EUの有機農法規格に基づく遺伝子組み換え植物、有機体からの原料は含まれていません
・は放射線処理を施した製品や植物性成分はありません

★1つだと、オーガニック認定成分の配合割合が70%未満の場合、自然化粧品(EU規定の基準により認定された野生種素材)として認証
★★2つだと、オーガニック認定成分の配合割合が70%以上95%未満の場合、オーガニック原料を含む自然化粧品(EU規定の基準により認定された野生種素材)として認証
★★★3つだと、オーガニック認定成分の配合割合が95%以上の場合、オーガニック化粧品であると明確に認定します。

オーガニックコスメの違い

オーガニックコスメの呼び方

オーガニックコスメといっても色々な表現方法があります。
無添加化粧品、自然派化粧品、天然由来化粧品といった呼び方をする化粧品がありますが、

オーガニックコスメとは違う扱いになります。

無添加化粧品は、石油系界面活性剤などの人口添加物(防腐剤や合成色素)が含まれていない化粧品のことを指します。

自然派化粧品、天然由来化粧品は天然成分が含まれた化粧品のこと呼びます。化学合成成分使用していますが限りなく抑えた化粧品のことを指します。

オーガニックコスメはオーガニックとは過去3年以上、化学合成農薬や化学肥料を使っていない栽培地で育てられた遺伝子組み換えではない植物(作物)を差し、植物原料を主体にして製造され化粧品を指します。

また、オーガニックの原料100%の化粧品なのか オーガニック植物原料が数%としか入っていない化粧品なのかによっても変わってきます。明確な基準が化粧品には現時点では設けられていないため判断する基準をとても難しいのげ現状です。

オーガニック化粧品100%の化粧品はとても珍しいものになります。化粧品を購入する場合はラベル製品表示を必ずチェックする必要心がけてください。

オーガニックコスメを必ず確認してほしいこと注意点

オーガニック認定表記の確認

オーガニックには基準を選定する認証団体が正解中にいくつかあります。
Na True(ヨーロッパ諸国)BDIH(ドイツ)ECOCERT(フランス)SOIL ASSOCIATION(イギリス)等になります。認証団体から認可を得て販売している化粧品にはラベルが記載されています。ただし、数%オーガニック植物原料が入っていれば記載できる場合もありますので、化粧品製造会社の製造基準で、石油由来排除やオーガニック植物の配合比を公表している化粧品を選択したほうが良いでしょう。
石油由来成分が多く含まれた化粧品はいくらオーガニック原料が入っていてもあまり意味がなく、逆に肌には悪影響を与えてしまう場合もあります。

原料・製造方法の確認

植物原料の原産国や製造方法等をしっかりチェックできる製造元の化粧品を選んでください。
オイルでも価格の安い化粧品から高い化粧品まであるように、製造している背景がしっかり見えるものを選ぶ必要があります。生産している環境、製造している環境、商品と取り扱っている環境です。
特に植物原料は原産国が大事になります。同じ商品でも原産国で含有量に含まれている成分の効能効果は大きな違いが出てきます。

オーガニックコスメは自然本来の化粧品

スキンケア化粧品による肌トラブルは年々増えているといいます。某大手化粧品の美白化粧品による白斑被害等も過度に効果効能を追求しすぎた上の反動なのかもしれません。

肌には本来生まれ持った時から美肌に保つ力を持っています。刺激から肌を守ろうとする力や、肌をきれいにしようとする力などです。

オーガニックコスメは引き出すことを理念に作られた化粧品です。

食とともに肌につけるものも安心安全を最優先に考える人たちが増え自然につくられた本来の自然化粧品を療法として使用していこうという流れが広まってきているのかもしれません。

オーガニックコスメの基本は、自然本来の化粧品ですので、原料そのものをその場で混ぜて使用するということが大事な要素になります。

例えば、キャリアオイルや化粧下地などに精油のローズやラベンダーのような香りがするわけがありません。

キャリアオイルのような植物種子からとれるオイルはナッツ系の臭いや自然の臭い、脱臭等の工程を踏めば無臭です。

香りがある化粧品は製造工程でまぜているわけです。全く違う原料を混ぜ合わせるということは
原料同士の水分量が違ったりする場合、分離することが考えられます。

これを分離しないようにきれいに混ぜ合わせる技術で薬品等を加える必要があります。少しでもそのような薬品を使用してしまうとオーガニックというキーワードは消えてしまうはずですが、原料それぞれががオーガニックとして育ったものであればオーガニックコスメとみなされる場合もあります。その際は、裏の製品表示をしっかり確認してください。

ですので、一番よい使用方法としては使用するときに適量にとって混ぜ合わせて使うことをお勧めします。

ほとんどの化粧品には香りがはいっています。香り成分は癒し効果をはじめは感覚や神経に直接作用したりホルモンの分泌に影響を及ばしたりするため、ストレスを軽減してくれたり睡眠の質を上げてくれたりするのです。

植物成分で作られた天然の精油は100種類以上あるとされており、ローズマリーやラベンダー、ティーツリー、レモングラス、カモミールなどハーブ系、オリエント系など色々な種類があり、いろいろな組み合わせによってさまざまな香り変容します。

ブランドの香水の香りも精油の組み合わせによってつくられた香りであり、侵害されないよう香りの特許とっている会社もあります。

いまでは、香料の技術も進化しており科学香料は安く作ることができため、いろいろな化粧品や食品にも入っていることが多く、本当の精油の香りでつくられた化粧品を使っている人は実際少ない可能性もあります。

アトピーなど敏感肌で神経が敏感な肌質の人は科学薬品でつくられた合成香料などはアレルギー反応を引き起こすリスクがつきまといます。つけた後、かゆみが増したり、赤くただれたりする場合は拒絶反応がでているということになります。

自然本来の精油でも刺激が強いといわれています。キャリアオイルなどと混ぜて使用することで香りでいやられながら、本来の種子オイルの力で肌に栄養を与えていくスキンケアを続けることが大切です。