シアバターとワセリンの違いと特性

このエントリーをはてなブックマークに追加

シアバターとワセリンの違いと特性



シアバターって名前だけではあまり聞いたことがない人もおおいのではないのでしょうか?

シアバターとは一体なんなのでしょうか?

ワセリンって何となく聞いたことがあるかもしれませんが、

ワセリンとはいったいなんのでしょうか?

シアバターとワセリンの違いって何があるんだろう?

今回は、シアバターとワセリンのそれぞれの違いと特性も色々と解説していきます。

シアバターとは?



私はシアバターと聞いた時は、パンに塗ったりするバターだと思っていました。

そもそもシアバターとは、植物からとられる脂肪のことです。

その植物というのがアカテツ科・シアーバターノキの種の胚から、得ることができるもの。

シアバターが作られている国は、ナイジェリア・マリ・ブルキナファソ・ガーナです。

シアバターは食べることもできるように作られていたり、薬に使われたりもします。

それ以外だと石鹸やクリームの中にも使われているんです。

シアバターは色々な化粧品に使われており、ロレアル・「ザ・ボディショップ」・ロクシタン・ビーバイイーなどが、効能に目をつけ製品化していて、それで一般的にシアバターが知られるようになりました。

シアバターの中にある成分としては、ステアリン酸・オレイン酸・トコフェロール・カロチノイド・トリテルペン。

多く入っているのはステアリン酸・オレイン酸が主成分になります。

それ以外の成分は少しだけ含まれています。

シアバターの使い方というのは、そもそもシアーバターノキがある国や地域では、昔から食べたり・薬として・燃料として使われていました。

薬としてだとケガをした時についた傷・熱いものに触れたりしたときにできる火傷などを治す目的で、使われます。

それ以外だと筋肉痛・リュウマチ・白髪・脱毛などを防ぐために、使われいました。

ガーナでは上に書いたもの以外に使われていることがあり、UVカットだったり保湿のためにも使われていたんです。

そしてまだ生まれたばかりの赤ちゃんの、体全身に塗っています。

ムスリムでは国の習慣として、生まれて3か月の男の赤ちゃんに使うんです。

血が出ている時に止血と消毒をするのに、シアバターを使います。

今現在は、化粧品を出しているメーカーがシアバターを使って、ボディーローション

・ボディークリーム・リップクリーム・ハンドクリーム・シャンプー・石鹸・・・といろいろな物に使われ、実際にお店などでも売られているんです。


シアバターについてもっと詳しく知りたい方はシアバターについてをご覧ください。

次にワセリンについて紹介していきます。

ワセリンとは?




ワセリンって何となく聞いたことがあるような気もするんですが、実際何なのかわかりません。

そもそも植物でできたものではなく、石油がもとになっているんです。

石油と聞くと健康に悪いんじゃないかと感じる方も多いかもしれませんが、そういうわけではありません。

石油から炭化水素類などの混合物から、色を抜いて作られたものがワセリン。

普段私達がワセリンと呼んでいるものは、白色ワセリンが主なようです。

使い道としてはワセリンを皮膚に塗ると、パラフィンという膜を張ってくれます。

角質にある水分を蒸発して乾燥させないためで、刺激を外から受けても皮膚を守ってくれる。

痛みを鎮める・炎症をなくしてくれる・かゆみを鎮めてくれる・・・薬として使っています。

お化粧をする人は使っているかもしれない化粧クリームとか、他の化粧品にも使われているんです。

お肌を潤すために保湿と、蒸発しないように保護用として使うことがあります。

ワセリンは鉱物の油から作られる純度の違いで、黄色ワセリン・白色ワセリンというものがあり、

治療するために使われるものは、白色ワセリンがほとんどです。




お肌の乾燥する季節や変わり目に大活躍の保湿成分「ワセリン」

ワセリンは、優れた保湿力でお子さまやお年寄りまで、

また、お肌が敏感な方でも安心して使うことが出来ると大変喜ばれています。

そんな、保湿成分の代表格ともいえる、ワセリンを配合した化粧品や薬品をご紹介していきたいと思います。


ワセリンを使用した化粧品



ワセリンは、石油を高純度に精製し、作られたペースト状の油です。

保湿・バリア機能が高いことから、保湿クリームや医薬品などにも使用されることの多い成分で、

皮膚の上に油分の膜を形成し、お肌の水分の蒸発を防いだり、外部刺激からお肌を守ってくれる効果があります。


ワセリンは安全性も高いため、数多くのスキンケア商品に使用されています。

ボディクリームやハンドクリーム、ローションや化粧水、リップクリームなど様々な化粧品や薬品にも配合されているんですね。



ワセリン配合のクリームと言えば「ニベア」



世界中で愛され続けている、保湿クリームと言えば「ニベア」

中でも、ニベアの青缶は、知らないという方は少ないのではないでしょうか?

ニベアの青缶の配合成分は…

ワセリン+ミネラルオイル、水、グリセリン、水添ポリイソプテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸AI、ステアリン酸Mg,クエン酸、安息香酸Na、香料


ワセリンに加え、お肌に潤いを与えてくれる、スクワランやホホバオイルなどを配合、お肌を健やかに保つ手助けをしてくれます。

お顔だけではなく、全身の保湿に使える事、コスパが良い点も多くの方から支持されている理由の一つです。


ニベアの人気の秘密とは?


成分やコスパの点もニベアの人気の理由ではありますが、実はニベアの人気の秘密が他にもあるというのです。


ニベアの成分の秘密とは?


ニベアの主な成分は、水、ミネラルオイル、ワセリンなどの保湿成分となっています。

とてもシンプルかつ、お肌の保湿には不可欠な成分を厳選して配合されているニベアの成分と2万円弱する超高級クリームの成分が、とても似ていると話題になっているのです。

そのクリームは「ドゥ・ラ・メール」米国の超高級クリームです。

ドゥ・ラ・メールの成分を調べてみましたが、ほとんどの成分がニベアの配合成分と一致しました。

ニベアで、高級クリームと同等の効果が期待できたら嬉しいですよね。


安価な価格で高級ブランドの化粧品と同じ効果を試せるならぜひニベアを愛用してみたいですよね。


安価な化粧品と高価な化粧品の違い



高級な化粧品には成分以外にもブランド力があります。

ブランドのはじまりは家畜に焼印を押してを印をつけるために生まれたものでした。

今でも英語のbrandは、商標・銘柄といった意味や「焼印」といった意味を持ちます。


ブランドの本質は、実際の品質ではなく、顧客の頭の中にあるブランドのイメージです。

そして、このイメージこそがブランドが持つ力とも言えます。

その商品の信頼性や品位や権威や歴史などそのブランドに受け継がれていくレガシーに人々は魅力を感じたりするのかもしれません。

そのブランド力こそが高価な化粧品としての地位を確立している根拠となります。


安価な化粧品のニベアにもブランド力はあります。

世界的に普及している絶対的な認知度と信頼性を持っているニベアの化粧品も一つのブランド力です。

高価なブランド力とは意味合いが違ってきますが、

誰もが知っているという世界的認知度と安心安全であるという信頼性にファンを引き寄せるニベアのブランド力があります。

安価な化粧品も高価な化粧品のどちらも皆に愛される化粧品であることに違いありません。


次にシアバターとワセリンの違いについて簡単に解説していきます。


シアバターとワセリンの違いは?



大きな違いでわかるのは、シアバターは植物からできるもので、ワセリンは石油からできるものです。

シアバターは私達、人の脂に近い成分があり、酸化しにくく油焼けしない。

ワセリンは私達、人の脂に遠い成分で、油焼けしてしまう可能性があると言われていました。

現在のワセリンを製造する会社でのワセリンの精製度は、

技術革新により飛躍的に向上しており、

日焼けするのではないかという理由の一つに、精製レベルが低かった1950年代の製造方法で生成されたワセリンのことを指しているようです。

ですので、現在の市場に出回っているワセリンは安心安全に使用することができます。

保湿成分という観点ではシアバターもワセリンも優れた保湿効果をもたらしてくれます。

価格の観点で見るとシアバターよりワセリンの方が安い価格で購入することができます。




シアバターの特性は?



シアバターの特性はというと、温めない・冷やさない・常温では固まっていてお肌に塗ると、体の温度で溶けて中にしみこんでいくんです。

植物原料ですので、未精製シアバターですとシアバター独特の特有の臭いがあります。


ワセリンの特性は?



ワセリンは皮膚に塗ることで、パラフィンという膜を張り水分が蒸発して乾燥を防ぐという効果があります。

刺激を外から受けても皮膚を守ることができるんです。

このようにシアバターとワセリンの違いと特性がお分かりいただけましたでしょうか?

人の肌にアレルギー体質などもあり成分が肌に合うか合わないか判断する必要があります。

肌に合わない保湿クリームを使い続けますと炎症の元になり兼ねませんので早い判断が必要です。


シアバターのお肌への効果と使い方



顔のスキンケアはとても大切です。

シアバターの使い方は、洗顔→化粧水→シアバター→乳液のスキンケア後に保湿クリームとして顔に塗ってください。

シアバターを指でとり、顔の肌全体に優しく伸ばしながらなじませていきます。

顔全体にむらなく浸透させることが大切です。

お風呂上りなどは、肌が乾燥しやすくなりますので、化粧水が蒸発するのを防ぐ効果があります。

シアバターは植物性種子オイルですので、とても肌に近い成分で出来ています。

植物原料になりますのでシアバター特有の香りがあります。

乾燥はしわの原因にもなりますので目じり屋ほうれい線などにしっかりと塗りこむことで乾燥から肌を守ってくれます。

以外と目立つ首のしわなどにも忘れずに塗って乾燥を防ぐことが大切です。

シアバターについてもっと詳しく知りたい方は、意外と知らないシアバターをおすすめする理由をご覧ください。


ワセリンのお肌への効果と使い方



ワセリンの原料は石油になります。

シアバター等の植物種子オイルと違い安価に手に入れることが可能です。

たっぷり使用できるため顔だけでなく全身を保湿したい方には必需品となるアイテムです。

肌を保湿する点においてはワセリンは万能保湿クリームと言って良いでしょう。

ニオイが気になる方は無臭のワセリンを使用した保湿対策がおすすめです。


シアバターとワセリンの使い分けを解説



シアバターとワセリンはどのように使えば効果的か解説していきます。

シアバターとワセリンの特性を理解した上で自分に合う保湿クリームとして活用してください。

まだ、どちらの保湿クリームを使用したことない方はお試しセットを購入するようにして

自分の肌に合うかをテストすることが大切です。

シアバターのおすすめの使用方法



フェイスケアクリームの保湿として使用する

全身のボディーーケアとして化粧水後に保湿クリームとして使用する

マッサージクリームの保湿で使用する

ヘアケアに髪の保湿パックとして使用する

ハンドクリームとして使用する

目元や口元や爪などポイントケアとして使用する

ワセリンのおすすめの使用方法



やけどのときの炎症などを保護するための保湿として使用する

冬の乾燥がひどい部肌荒れに集中ケアで使用する

植物種子オイルのアレルギー反応が出る場合に使用する

植物種子オイルのニオイがきになる場合に使用する


シアバターとワセリンの保湿性の違いを理解する



シアバターもワセリンにも高い保湿力があります。

しかし、毎日使用する点においては植物由来ではないワセリンは

お肌の機能を低下させてしまう可能性もあります。

人間の肌は、乾燥すると自ら皮脂を分泌し皮脂を守る働きがあります。

このら皮脂を分泌する機能は人間本来だれでも備わっている機能です。

ですので、ワセリンやシアバターの過度な使用は、皮脂を分泌しなくても皮膚は守られた状態と脳が錯覚してしまうため、
お肌は皮脂の分泌が低下してしまう可能性があります。


そうなってしまうことで乾燥がひどくなってしまう原因にもなります。

また、人の皮脂の分泌量にも違いがあります。

皮脂の分泌量が多い人が、
保湿クリームを過度に使用することでニキビの原因にもなりますので、適度な量と使用回数でお使いください。



ココロコスメのオーガニック天然100%のシアバター



オーガニックでシアバター天然100%の商品はなかなか店頭には売っていません。

ココロコスメのシアバターはオーガニックで天然100%のシアバターになります。

肌ケア保湿クリームとして是非お試し下さい。

シアバター


ココロコスメのシアバターを購入したい方はコチラ