水は身体を作る源

このエントリーをはてなブックマークに追加


身体の体重の60%は水分でできています。
私たちの身体には、多くの水分が含まれていて、大人の体重の平均60%、赤ちゃんで約80%が水分でできていると言われています
平均的体重の成人男性のならば、約40リットルもの水分を体内に蓄えていることになります。

水で出来ている私たちの身体は、安心安全な水を取り入れて生きることはとても大切なことです。

日本国は比較的他の国よりしっかりとした管理体制のもと生産・輸入されているので安心して飲むことができます。

ただ、世界的な視点で見ると食品や日用品、化粧品にしても色々な問題も一定数出ている事も事実です。

伝わりやすく言うなら放射能物質や有害な化学物資が混入した土壌から採取された農作物や水、野菜であれば基準値を越えた農薬まみれになった虫が寄り付かないほどの農産物。そして、上記の農作物で与えられて育てられた畜産物やホルモン剤や添加物を摂取され続けた家畜からとれた肉類などです。

聞いただけも身体に害になりそうな食物は口にしたくはありませんよね?

身体にとって一番大切な水も同じです。
もちろん水は美容にとっても大事な要素を含んでいます。

今回は水(天然水)に絞って書いていきます。

新鮮な水を継続して飲む


健康の意識も美容の意識も毎日の継続が大切です。

日々の積み重ねによって健康志向をたかめていく必要があります。
最近では、オーガニック食材にこだわっているご家庭も多いのではないでしょうか?

食べている食材すべてをオーガニックにきりかえなくても食材の一品をオーガニックな食品に変えたり、
調味料をオーガニックなものに変えたり、週一回、外食でオーガニックフードに行ってみるなど、
無理のない範囲でオーガニックな食材や日用品、美容用品などが身近なもになってきています。

小さなお子さんがいるご家庭なら尚更、オーガニック志向になっている親御さんは多いのではないでしょうか?

オーガニックコスメのオーガニック認証についてもっと詳しく知りたい方は、オーガニック認証団体の種類と認証規定をご覧ください。

そして、少し大げさかもしれませんが、安全面への懸念から外食を控えて、すべて家庭で調理した料理を家族に食べさせているというご家族の方も少しづつ増えてきているのではないしょうか?

そうした生活スタイルを継続的に維持していくにはお金がかかりますが、それでも健康維持のためとあっては意識を高くもって自分の身を守らざるを得ません。
病気になってしまったら大変ですからね。

もちろん、そこまで徹底したくても家計の関係でできないという家庭も多いでしょう。
オーガニック食材は一般的な食材と比べても2倍から3倍くらい値段が高いです。

その場合は水だけでも良いものに変えることをおすすめします。

調理のときの下ごしらえで安全な食材、料理に水を使用します。

その水を水道水から天然水に変えてみてはどうでしょうか?

これは美容とは一見関係ないように思いますが、人間の体は水で出来ています。
ほとんど食材から栄養と一緒に水分も摂取しているのです。

健康のために安心な水分を選択する


先ほども書いたように人間の体の6割から7割は水分でできています。

普段とくに水を飲む習慣がないという人も、私たちが口にするあらゆる食材などから水分を知らないうちに摂取しています。

1番有効な水分の摂取は、喉が渇いた水が飲みたいと感じる前に水分を補給するのが一般的ですよね。

喉が渇いたと感じる時には、すでに体の中かかなり水分不足の状態なのだそうです。



スポーツ系の部活動で、心を鍛え、規律に従うという意味を込めて、水を飲まないように指導されていた時期がありましたが、それは実はとても危険なことでした。

脱水症状になってからでは遅いのです。

夏の暑い時期にそんな過酷なことを毎日継続していたら、死を招く危険性すらあったのです。

運動時の脱水症状の際に水を補給する際気を付ける必要があります。
水に0.2~0.45パーセントの食塩を溶かすと、ほぼ必要量の水を飲むことができ、体力回復につながります。


また、塩分をとらずに真水だけ飲む場合、体内イオンバランスが乱れて、筋肉のまわりにある体液のイオン濃度がバランスが崩れ熱痙攣などを起こすことがあります。

それくらい、水分補給というのは人間にとって欠かす事ができない大切なことなのです。

水分をしっかり補給するということはココロコスメを運営する私自身は1番重要なことと認識しています。

安心安全な良質な水をとくに運動時には多めにとることをおすすめします。

水は人の身体にとっても全ての基本なのです。

これは保湿でも同じです。
肌が乾燥してきたなと感じた時に愛用しているお気に入りのおすすめ保湿クリームで保湿することが大事です。


水は1番体内に取り入れている物質ですが、実際他の食材や飲み物と比べて
美味しいとかまた飲みたいと感じることが1番少ない物質ではないでしょうか?

水には味や匂いも少なく、とり続けても効果の実感すら感じられないためです。

コーラやフライドチキンやハンバーガーは分かりやすいです。
とても美味しいですし、太りやすいです。

もちろん日本の水が水道をひねればすぐ飲むことができるのは、日本国が管理する水道の浄水施設は世界トップレベルであり安心して摂取することが可能だからです。

小売店で数多く販売されている天然水も同じく安心して購入できますね。

味や匂いが分かりづらい人も多いはずですから水を選ぶときは成分表示がかなり重要になってきますね。

天然水を選ぶにしてもミネラルの含有量や軟水や硬水などしっかり把握して選ぶ必要があります。

安心安全な水を選ぶために成分表示を確認


最近では、コロナウィルスが世界的に蔓延する影響や原子力発電所の災害事故もあり日々の衛生面の意識がさらに上がっています。

マスクの着用やアルコール消毒の徹底、体温チェックなど、リモートワークになる働き方まで変わりつつあります。

もちろん水への意識も同様に普通の水道水では安全面や衛生面での不安を感じ、
天然水をストックして買い溜めしたり、または、浄水器やウォーターサーバーに切り替えるご家庭も増えていると思います。

また、小さな子供がいる家庭や高齢者がいるご家庭など、体力や抵抗力がない家族がいる場合は、なおのこと衛生面に気をつけているご家族の方が多いでしょう。

衛生面をしっかり対策することは日々健康に暮らしていきたいという願いからです。

安心安全な良質な水を選ぶことも家族の健康を考える上で外してはいけない要素の一つではないでしょうか?

また、健康と美容は切っても切れない関係です。

健康だからきれいであり、キレイだからこそ健康なのです。

生活の飲み物を健康的に美味しく嗜む


皆さんが毎日飲む水だから、美味しく安心安全なものを飲みたい、

シンプルに水を飲むだけではなく、お茶や紅茶やコーヒーにしてを美味しく味わいたいとおもいませんか?

人間にはココロがあります。

癒されたいとか楽しみたい幸せだなとか幸福になりたいなと常に思うものです。

その感情は素直に感じ取る必要があります。
ココロが求めるダイレクトな感情です。

水だけで飲むというより好きな飲み物にして摂取して下さい。
飲んで癒される気分が落ち着くということはココロの要求をしっかり受け止めていることであり、
体内足りてない栄養も摂取していることにもなります。

身体は栄養が不足しているからこそ欲するものです。
スポーツをして喉が渇いた時に水が欲するのと同じ要因です。

お酒が好きな方はお酒の水割りやお湯割りでも良いでしょう。

もちろんココロが喜んでいる時や満たされている時は肌も調子が良いです。

ココロが満たされている時喜んでいる時は肌はキレイになるものです。
ココロが乱れている時満たされなくて悩んでいる時は寂しいと感じる時は何かに極度に依存し生活リズムが乱れホルモンバランスが崩れます。
この状態が継続して続いた場合は肌荒れとなって表面に表れてきます。

別に肌だけに限ったことではないです。
体の弱っているあらゆる箇所に表面化します。
ですので、日頃の意識は常キープし続ける必要があります。

ココロと健康や美容の関係性は切っても切れない密接な関係になっています。

ここからはそんな健康にもココロにも美容にも密接に関係がある人間とって重要な水についてもっと掘り下げて解説していきます。

水道水と天然水の違い


お水には、主にナチュラルミネラルウォーターとRO水があります。

ナチュラルミネラルウォーターは、自然のミネラル成分を含んだ天然水のことを指します。
一方、RO水はピュアウォーターとも呼ばれる純水に人工的にミネラル成分を添加したもので、水道水からも手軽に製造することができるお水です。

水の種類はどんなものがある?


ウォーターサーバー等で利用されている水の種類も
ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーター、RO水や水道水直結型サーバーなど実際に種類は多いのです、

大きく分けて4種類あり、「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」(農林水産省)で規定されています。
ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水(天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む)をいう。)を原水としたものにあっては、「ナチュラルミネラルウォーター」と記載することができます。
品質表示ガイドライン
下記ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドラインを参照しています。
ナチュラルウォーター

ミネラル成分の溶解が少ないお水です。
特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないものにあっては、「ナチュラルウォーター」と記載することができます。
ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のためにミネラルの調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等が行われているものにあっては、「ミネラルウォーター」と記載することができます。

ミネラルウォーターはという表記は、ほとんどのペットボトルに記載されていて、なんとなく健康によいような、余計な化学物質などを含まない水のような印象を受けますが、ミネラルウォーターの場合はとくに天然水である必要はなく、つまりは水道水や加工水でもミネラルを人工的に配合してもミネラルウォーターと名乗ることができます。

また、成分を調整されていない水も、ミネラルウォーターといいますので、やはりこの種類の水のミネラルの含有料はその水によってまちまちです。
子供やお年寄りのいるご家庭では、そのミネラルの硬度をしっかり確認してから利用を検討してみましょう。

濃度が濃すぎると、お腹を壊したり、副作用をもたらすことがあります。とくに赤ちゃん、子供に飲ませるときは、成分をしっかり確認したほうがいいでしょう。
ボトルドウォーター(RO水)

ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外のものにあっては、
「飲用水」又は「ボトルドウォーター」と記載することができます。
上記の3種類以外のもので、処理方法に限定はありません。飲用の水、純水、蒸留水、河川の水、水道水などが含まれます。
後から人工的にミネラル成分を添加したRO水もボトルドウォーターです。

水道水もボトルウォーターに含まれます。

もともとお水を買っていた人も、浄水器を使っていた人も、さすがに生活用水は、水道水、または井戸水に頼らざるを得ず、かなり不安になっていた時期もありました。

一般にウォーターサーバーなどで使われているRO水というのは、RO膜という特殊な膜を通して濾過された水道水であり、この特殊な膜を使うと不純物のほとんどを取り除くことができるというスグレものです。

水道水は、軟水ではありますが、硬度はすこし高めです。

でも、このRO膜を通すと、化学物質やミネラルを取り除くことができるので、子供でもお年寄りでも飲むことができる柔らかい水にすることができます。

しかし、この処理をほどこしてから、人工的にミネラルを加えている水もあるので、
購入するときにはその内容をしっかり確認してからのほうがいいでしょう。
浄水器とは

浄水器は、水道水を各家庭の蛇口より後の段階できれいにするための機器です。

有機物、次亜塩素酸、化合物、カルシウムイオンやマグネシウムイオン、金属イオンなどの溶解物質、
そのほかに微生物や微粒子などを減少させる効果があり、水道水に含まれる総トリハロメタンなどには発癌性や催奇形性が疑われているため、長期的な健康被害を考慮して使用される場合も多くなっています。

天然水を宅配してくれるウォーターサーバーが人気


ウォーターサーバーはサーバーを自宅に設置して定期的に水を宅配してくれるサービスで、
ミネラルウォーターのボトルをセットし、レバーを押すだけで温水と冷水がいつでも使える便利な電化の分類に属します。

自然の天然水を宅配してくれるウォーターサーバーが主流です。
天然水と言ってもどこの採水地かによってもミネラル成分の含有量は異なります。

カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が少ない天然水もあれば豊富にミネラルを含んだ天然水もありますし、
軟水や硬水の違いもあららます。比較的に日本の軟水の天然水が多いです。

海外の採水地でとれる水は硬水の天然水が多く美容や健康に効果の高い水とされています。

美容を意識した女性には人気がありますが、お腹の弱い人はあまり沢山摂取しないほうがいいかもしれません。

赤ちゃんやお年寄りにはあまり向かない水だったりもします。

でも硬度30度以下など、硬度が低いものなら大丈夫でしょう。

硬度と軟度の違いとは?


天然水には色々なミネラル成分が含まれていますが、
カルシウムとマグネシウムが比較的多く含まれる水が硬水になります。

WHO(世界保健機関)の基準では、
硬度が0~60mg/L 未満を軟水になり、
60~120mg/L 未満を「中程度の軟水」、120~180mg/L未満を硬水になります。
180mg/L以上を「非常な硬水」といいます。
カルシウムとは

カルシウムは、体重の1~2%(体重50㎏の成人で約1㎏)含まれており、生体内に最も多く存在するミネラルです。
その99%はリン酸と結合したリン酸カルシウム(ハイドロキシアパタイト)として骨や歯などの硬組織に存在し、
残り1%は血液、筋肉、神経などの軟組織にイオンや種々の塩として存在しています。

公益財団法人長寿科学振興財団より参照しています。
公益財団法人長寿科学振興財団
マグネシウムとは

マグネシウムとは生体内で約50~60%がリン酸塩や炭酸塩として骨に沈着しています。
残りの約40%は筋肉や脳、神経に存在します。
カリウムに次いで細胞内液に多くしますが、細胞外液には1%未満しか存在しません。
生体内では、多くの酵素を活性化して生命維持に必要なさまざまな代謝に関与しています。
カリウムとは

カリウムは成人の体内に約200g含まれています。
大部分は細胞内に存在し、細胞外液に多いナトリウムと相互に作用しながら、
細胞の浸透圧を維持したり、水分を保持したりするのに重要な役割を果たしています。
バナジウムとは

バナジウムは、海や湖、河川といった水に恵まれた場所や堆積岩層、土や植物などに存在している成分で、
乳やそばにも含まれる超微量元素でミネラルの一種です。

天然水がどんなものか理解していただけたでしょうか?

私たちが普段何気なく飲んでいる水でも色々な種類があるのです。
バナジウムは地表に広く分布する微量金属元素で、
その名前はスカンジナビア神話の美と豊穣の女神「Vanadis」に由来します。

地中や海水中に含まれていて、日本では富士山麓の黒褐色の火成岩で
玄武岩(噴火したマグマが瞬間的に固まった岩のこと)に多く含まれています。
人体には少量しか含まれていませんが、マグネシウムやカルシウムなどと同じ必須ミネラルの一種です。
食品では牛乳や青魚などに含まれます。富士の銘水「凛(rin)」には、採水された状態のままで、人工的な成分調整がされていない天然バナジウムが100mlあたり約12.2μg含有されてます。 これは天然水(ナチュラルミネラルウォーター)の中でも類を見ない高い含有量です。
亜鉛(Natural Zinc)について

亜鉛は体内では合成されず、さらに食品からの吸収も難しいとされるミネラルです。
しかし、細胞分裂に重要な役割を担う必須ミネラルで、多くは骨に蓄えられています。
食品では牡蠣、うなぎ、チーズ、ナッツ類、胡麻などに多く含まれてます。
お腹が弱い人でも大丈夫?

水は毎日の健康管理の上で最も大事なものです。
でも、普段から使っている水とすこしでも違う水を使うと、お腹が弱い人では、お腹を壊したりしがちです。
普段軟水を飲んでいたのに、急にミネラル成分を多く含んだ硬水の天然水を飲んだりすると、お腹の調子を崩しやすい方もいらっしゃいます。そういった事が起こりやすいようです。

とくに赤ちゃんやご年配の方は、消化器官が弱く、そうしたお腹のトラブルを抱えやすいものです。
もし水を選ぶなら、いままで飲んでいた水と似たような産地、成分のものを選んであげるといいでしょう。


赤ちゃんやお年寄りの方はお腹が弱い方はナチュラルウォーターやミネラルウォーターにを選ぶことをおすすめします。

硬水より軟水の方が初めは良いのではないでしょうか?

水道水のカルキ臭の原因


水道はひねるといつでも冷たい水が出てくるのとても便利ですよね。
浄水場は、大量の水道水を日本全国に安全に供給するサービスを提供する水道システムの根幹を成す公共施設です。

水が冷たい冬の時期などには気付きにくいものですが、
夏の間には、水道水のカルキ臭さが気になったり、また後味が悪かったりして、水の味や美味しさにこだわる人はもう水道水は飲めないと感じている方は多いのではないでしょうか?

カルキ臭とは、殺菌のために、水道水には「次亜塩素酸ナトリウム」という物質が混ぜられています。 この物質の中の塩素が、水道の原水に含まれているアンモニア性窒素と反応して「クロラミン」という物質が生まれます。
この「クロラミン」が、カルキ臭の正体になります。

このおかげで安心なお水を毎日飲むことができます。
昔の人々は井戸水や湧水を直接飲んでいたためピロリ菌のような一般細菌を一緒に取り込んでしまい色々な病気になってしまうことも多かったのです。

また、ニオイの面だけではなく、福島原発の影響で浄水場での放射能物質の検出された時期もあり、更にコロナウィルスが世界的に蔓延し続け衛生への意識がより高くなりどんどん水道水の安全神話も崩れつつあります。

そんな水の味にもこだわるあなたにもウォーターサーバーの天然水はおすすめなのです。
いつでも美味しい冷水と温水がそれぞれのドリンクに適した水温で手に入りますから、わざわざ氷ややかん、ポットなどが必要ありません。

夏の暑い時期など、水道水の薬品の臭いを我慢する必要もありませんので助かりますね。

いつでもどこでも美味しいお水を飲める、ウォーターサーバー、宅配水はあなたの生活にプラスαをもたらしてくれるかもしれませんね。

ウォーターサーバーや水の種類もいまは様々なメーカーから出ていて、どれを選んだらいいのかわかりませんが、
それぞれのメーカーの特徴やサービスの値段や、水の種類などから自分に合っているものを選ぶといいでしょう。

インターネット上のランキングサイトなどを利用して、ウォーターサーバーや水のことを調べてみても良いかもしれません。

海外のミネラルウォーターは美容にいい?



女性の間でお水ダイエットが流行したことがありました。

そのときに脚光を浴びたのが、海外のブランド水、とくにミネラル分を沢山含んだ海外のミネラルウォーターでした。

カルシウムやマグネシウムなどを豊富に含むこれらの硬水は、便秘や体の不純物をデトックスしてくれるということで、
ダイエットに効果があるとして大ブレイクしました。


ナチュラルミネラルウォーターで硬度が高い硬水を選ぶようにして下さい。

天然水には色々なミネラル成分が含まれていますが、カルシウムとマグネシウムが比較的多く含まれる水が硬水になります。
WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が、120~180mg/L未満を硬水になります。180mg/L以上を「非常な硬水」といいます。

この基準値の天然水を選んで頂けます。

いろいろな水が量販店でも売ってますのでお試ししてはいかがでしょうか?

ただし、万人受けするものではなく、冷え性の人、または体が浮腫みやすい人にとっては逆効果だったことも判明しています。

もともと日本の天然水は軟水であり、長い間軟水を飲んで育っている日本人にとっては、急に硬水を飲み始めても体に合わない可能性もあります。
またお腹を壊したり、体に影響がでてくるときもあります。

ですから硬水のメリットばかりを考えず、むしろ、普段使う水には、体に慣れていて使いやすい軟水を使った方が便利で、体にも優しいこともあります。

体の中からキレイになる為に


水は体のなかから要らなくなった老廃物を体外に排出する手伝いをしてくれるので、水をしっかり飲むことは健康や美容にとっては欠かせないことです。

そしてその水のなかでも安心安全な良質な天然水を飲むことで、体の中からキレイになることができます。
より美容に意識を向けたい方は硬度の高い硬水に切り替えることをおすすめします。

美容を意識している人も、健康で毎日軽やかに過ごしたい人も、すべては食べ物や天然水、そして生活習慣を整えることは基本です。

必要以上に飲む必要はありませんが、他のカロリーや糖分が一杯のドリンク、またカフェインの多い飲み物は飲み過ぎると体に毒ですから、やはり健康のために、健やかな新陳代謝のためには、良質な水がかかせません。

定期的に届けてくれる宅配水なら、水を切らす心配がなくて、安心ですね。

老廃物をしっかりデトックスすることも大切な美容




一時水を飲んで老廃物を出すダイエットが流行しましたが、実際に冷え性で、水を溜め込みやすい人には逆効果ということが分かりました。
水は適度に飲むぶんにはとても健康に良いですが、飲み過ぎると害になってしまいます。

水飲み競争などで死者がでたりしたのも記憶に新しいですね。
もちろん殆どの場合、水を飲むことは、健康に美容に役にたつのが普通です。

身体の水分を常に新しいものに入れ替えることが大切ですね。
細胞が新陳代謝を繰り返して新しい細胞を作り出していくことで肌のハリや艶が持続します。

身体に溜まった老廃物を適度な有酸素運動や筋トレ、定期的なサウナでしっかりと汗を流したり毎日のウォーキングやストレッチなどでしっかり腸など内臓を動かして腸を整えて安定した排便を心がけましょう。

絶対にため込まないように心がけてください。

また、冷たすぎる水が好きな方やアツアツの飲み物が好きな方も注意して飲むようにして下さい。

浮腫やすいとか、体が冷えやすいという人は、塩分の摂り過ぎに気を付けるとともに、お湯にして飲むということも考えましょう。
適温のお湯で体を冷やさないようにしつつ、水分補給をするのが正しいやり方です。とくに冬の間はそうした習慣が体を温めてくれます。

持病やアレルギーのある人は


水とはいっても、産地やその水の特徴によって味なども千差万別です。
とくにアレルギー体質の人や、体質的に敏感な人は、すこしでも水を変えたりするとすぐに肌やお腹の調子が悪くなったりします。

もし家族でウォーターサーバーを使い始める場合には、アレルギーや持病がある人でも安心して飲めるものを選ぶようにしましょう。
比較的大人は耐性がありますが、子供や老人は、水が変わるととたんにお腹をこわしてしまうことがあるのです。

水の味もそうですが、とくにミネラルウォーターの場合は注意してください。
一見ミネラルが多く、健康に良さそうですが、これらのミネラルが体質に合わない人もいるのです。
なにしろ毎日飲む水ですから、体に優しい水を選ぶことが一番でしょう。

ミネラル成分にアレルギーがある方はボトルドウォーター(RO水) がオススメですね。

ボトルドウォーター(RO水) は、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外のものにあって、処理方法に限定はありません。飲用の水、純水、蒸留水、河川の水、水道水などが含まれます。

赤ちゃんのミルクつくりに便利


赤ちゃんにおすすめの水もミネラルウォーターやトルドウォーター(RO水) がオススメですね。
みねっる成分が少なくお腹に与えるの影響が少ない水の方が抵抗力の弱い赤ちゃんにはおすすめです。
ただ、日本の天然水であればほとんど問題はありません。

赤ちゃんのミルクって、頻繁に作らないといけないですし、温度調節も大変ですからウォーターサーバーがミルク作りには最適かもしれません。

温度調整をしておけばいいし、水も安全なものなので、水道水を一度沸騰させてミルクを作るという手間が要らないので、忙しいお母さんにとっては大変助かる筈です。

また、離乳食などを作る際にも、お水やお湯を自由自在に使え、しかも安全でお腹をこわしにくい軟水を選べば、赤ちゃんにぴったりの食事が簡単につくれてしまいますね。

とくにママになって間もない人はあれこれ心配して神経質になりがちですが、水の心配だけはなくなり、きっと心強いに違いありません。

大変な子育てにウォーターサーバーを大いに活用しましょう。

そんなウォーターサーバーについて解説していきましょう。

ウォーターサーバーの特徴



ウォーターサーバーの天然水を定期宅配してくれるサービスです。

メーカーによっては、そのサーバーが無料だったり、有料だったり、キャラクターのイラストがついた子供受けするものや、
シックなインテリアにもなるもの、コンパクトで場所をとらないものなど各種あります。

殆どのサーバーは定期的にメンテナンスをしてくれて、その上冷水、温水でもいつでも利用できる便利なものなので、ポットや電気ケトル、そして場合によっては製氷機がいりません。

節電機能が付いているウォーターサーバーも増え使用電気量も抑えて電気料金も比較的リーズナブルに使用することができます。
環境にも配慮されたエコロジーで省エネでもあります。


便利で、なおかつ事故防止のために、安全キャップなどもつける事が可能ですから、お年寄りや子供の火傷を防ぐことができます。
また、一番のメリットは、重い水を何度も運搬する必要がないということです。

定期的に届けてくれる他、必要なときにはいつでも届けてくれるサービスはやはりとても便利です。

ウォーターサーバーのボトル配送はとても便利


ウォーターサーバーのボトルは平均して1つ12リットル前後入っていますね。

それぞれのご家庭でどのくらい水を使うかによって違いますが、水はなくなるのが早いですから、とくに家族の人数が多い家庭では、すぐに消費されるのは分かります。

しかし、もし高齢者2人の家庭であったら、ウォーターサーバーの上に思い水を持ち上げるのも、自宅内で運搬するのも一苦労です。

そんな人々に重宝されているのは、もう一回り小さいボトルです。

確かにエコロジーの面では大きめのボトルのほうがボトルの廃棄や資源をムダにすることはないのですが、2リットルボトルを毎回廃棄するよりは、ずっと環境にやさしいですし、多少ボトルのサイズの選択肢があれば、普段の生活でも活用しやすいことが分かります。

お年寄りにも便利なウォーターサーバーの宅配


お年寄りで悠々自適に暮らしている家庭でも、ウォーターサーバーは大活躍です。
いつでも適温のお湯、そしてお水が手に入るので、急な来客があっても、お茶を迅速に出すことができるし、
その上、お料理などにも便利に使えます。

もし火の元が気になる高齢者のみのご家庭でも、ウォーターサーバーなら、火を使ってお湯を沸かすことがないので、事故を防ぐことができます。

お年寄りだけの世帯にとって、事故はもっとも心配なことの一つですが、他の電気ケトルややかんを使うことに比べて、
ずっと安全なのがこのウォーターサーバーです。

故障のときも迅速に対応してくれ、そして不具合があったときには電話一本ですので、保証も万全なのです。ぜひお試しください。

子どもがいたり、家族が多い家庭に多く使用されているイメージがありますが、高齢の方だからこそのメリットもたくさんあります。 まずは、水を買いに行く手間がないことです。
水道水は放射能の問題など、安全面が気になるところです。

人間にとって必要不可欠である水は、ミネラルウォーターなどを購入しているという方が 多いと思いますが、
買い物に行って水を買ってくるというのは、なかなかの重労働です。 車がない場合や高齢の方などには、大変なことだと思います。


しかし、ウォーターサーバーは水を自宅まで宅配してくれるので、重い水を運ぶ手間がありません。
重たいものを運ぶのがしんどくなる年齢の方々にも安心ですね。

水がなくなってしまっても連絡をすれば配達してくれたり、定期的に配達してくれるサービスなどを行っている業者もあるので安心です。

次に、お湯を沸かさなくてもすぐにお茶やコーヒーが飲めることです。

ウォーターサーバーは冷水だけではなく、御湯もボタン一つで出すことができます。
キッチンに行ってお湯を沸かす必要がないので簡単ですし、ガスを使用せず危険性も少ないので、高齢の方でも安心して利用できます。

いつでも冷水、温水が出るので、電気ポットなどを用意する必要がありません。

薬を飲むことが多い方は、キッチンまで行って水を用意するのは面倒ですが、居間にウォーターサーバーがあれば、キッチンまで水を取りに行くこともないのでとても便利です。

ウォーターサーバーは60代からこそうまく利用したいですね。

水を運ぶ必要なし週末ごとに水の買い出し、もしくは配送を頼んでいる家庭なら、一度ウォーターサーバーの水を検討してみることをおすすめします。
その理由はつまりウォーターサーバーなら、面倒な運搬もないし、しかもペットボトルの廃棄をしない、もしくは少なくすることができ、環境にやさしいからです。

また水の値段もスーパーで安売りしているときならまだしも、決して家計にひびかない値段ではありません。

それでも家族の健康に変えられないということであれば、実際には、ウォーターサーバーのほうがコストを抑えることができ、その上、運搬賃や手間も省略できる可能性があります。

ウォーターサーバーのほうがずっとスマートチョイス、ということだってあるのです。

ウォーターサーバーは大家族でも核家族でも便利


ウォーターサーバーを利用するご家庭は、その人数を選びません。

うちは家族が多いから、という場合でも追加注文はいつでも受けていますし、お年寄りや一人暮らしのご家庭でも、月に1本や2本はゆうに使用すると思いますので、まったくムダがありません。

なによりも安全と健康を買う事ができる、しかも便利なので、きっと満足すると思います。

朝起き抜けの一杯や、お酒を作るときに、美味しい水を買いに走ったり、また用意しなくてもいいのは、
時間の節約にもなるし、子供やお年寄りに優しい水ならとても安心ですね。

まずは自分のご家庭から水の質や安全にこだわり、その分より豊かな家族関係、
そして生活を営むことができます。ほんの少しの出費でしっかり元がとれること間違いありません。

宅配水のボトルは環境配慮したエコロジー


普通に売られているペットボトルの水は、2リットルが主なものですし、もっと小型のボトルも沢山でています。
でも、いくらリサイクルするからといって、毎日そうしたボトルを廃棄していたら、地球に優しい訳がありません。

宅配水、またウォーターサーバーの水は、一つのペットボトルが12リットルが基本であり、
そのペットボトルも、回収して何度も使用するものと、そのまま小さく畳んで廃棄するものなどがあります。

そのまま畳んで廃棄するものでも、つねに2リットルレベルで廃棄するのとでは、環境への影響や廃棄する資源の量もまったく違いますので、その分、ウォーターサーバー水のほうが環境に配慮しているといえます。

普段持ち運ぶ水も、小さなペットボトルに入れかえたり、リサイクルボトルを利用したほうが実際はずっとエコロジーに貢献しているのです。

宅配水ってどのメーカーがいいの?


宅配水を頼む上で目安になるのが、宅配水の比較サイトです。水の種類や、どこの源泉で摂取されたのか、そしてどれくらいのコストがかかって、
味やサービスの利用者の声はどのような感じかなどをランキングなどで示しています。

そうしたウォーターサーバー紹介サイトや、メーカーのサイトから直接入会、定期購入すると、
価格が割引になったり、初回特典などを得られたりします。

もし宅配水の注文を考えているのなら、一度はそうしたサイトをチェックしてみるといいでしょう。

きっと新しい視点や新たな選択肢が見つかる筈ですし、その上より安く商品を得るチャンスにもなることでしょう。

最初はどのメーカーもかなりの割引価格で使用を始めることができます。

お試し期間というのはあるの?殆どのウォーターサーバーの会社では、初回割引や、サーバーレンタル代初回月無料、
水を数本サービスするような初回の特典を用意しているので、ウォーターサーバー未経験の人にとっては絶好の機会であると思います。

しかしながら、この初回特典については、ある程度の期間使用しないと、キャンセル料が生じる場合がありますので、
それぞれのウォーターサーバー会社の契約内容をよく確かめて契約する必要があるでしょう。

しかし、一度ウォーターサーバーの便利さや価格的なメリット、その水質の良さに満足すると、
キャンセルする気はあまり起こらなくなるというのが現実のようです。

お試し期間をとおして、自分の生活スタイルにウォーターサーバーが適合するかどうか、
しっかり判断する時間ができると思います。

これはよいチャンスでしょう。

防災意識の高まり


立て続けに起こる地震と東日本大震災の余震もあって、普段より防災意識が高まっているのは事実ですが、本当に被災した経験がないと、実際に必要になるものと、必要とされると予想されるものとの間には隔たりがあるものです。

もし実際に被災した人、災害にあった事がある人がいるのなら、よくその経験や実際に必要なものを聞いておくのも一つの方法だと思いますし、自分でよく情報を収集しておくのもいいでしょう。

そして家族や友人とよく防災について、避難経路について、非常時の連絡のとりかたについて確認しておきましょう。

水や食料も、足手まといにならない程度に、しっかり荷造りしておくと、いざというときに役にたつでしょう。
避難はまずは身軽に、身の安全が最優先です。

避難や被災時の備え


災害リスクというものは非常に高まっています。

いまのところ、確実に地震を予知することは不可能ですが、南海トラフ大地震などは、日本で起こることが予想されています。

阪神淡路大震災、もしくは東日本大震災が起きた直後は、皆さん防災の備えをしっかりしたと思います。
でも時間が経過すると、ついつい危機意識が希薄になったり、すぐ補充すればいいやと考え、災害用の食料や水などを使ったまま補充しないまま忘れたりしていませんか?

そんなときにこそ、災害はやってくるものです。
普段の備えがしっかりしているからといって、油断は禁物。

気のゆるみがあると、いざというときに用意や準備が整っていず、避難がスムーズにいかないことにもなりかねません。

これは命がかかっている問題ですので、毎日の確認を怠らないようにしておきましょう。

しかし、毎週水を買ったり、備蓄しているつもりであっても、ついつい忙しいときや、来客などで水を予定より大量に使ってしまったりし、
十分なストック量を維持できないこともあると思います。

で定期的に配達してくれるウォーターサーバーなら、いつも一定量の水をストックしておくことができ、年末年始の来客が多くなる時期には普段より大目に注文すればいいので、まったく手間をかけないで、災害時に一番大事と思われる水を備蓄しておくことができるのです。

普段意識しないでも、しっかり災害時の備えができるというのは、忙しい日々に追われがちな私たちにとってとても助かることです。

災害に備えてウォーターサーバー


3.11以降災害対策の意識はどの家庭も高まっています。

日本は地震や災害が多い国であり今後も南海トラフ大地震などの可能性も高確率起こるといわれています。
震災後、災害に対する備えへの意識がとても重要になってくるでしょう。 防災グッズを購入する人も増加傾向にあり、
またライフラインとなってくる水の備えも同じく増加傾向にあります。

3.11以降のウォーターサーバー契約率は前年の契約と比べるとどこもかなりの急増となったデータが報告されています。

googleトレンドなどを見てもわかるようにウォーターサーバー関連の検索率も急増となったグラフを見ることができます。

3.11の時でもわかる方も多いと思いますが、生活にかかわる重要なライフラインの中で電力はすぐに復旧します。
しかし、水道・ガスの復旧には都道府県によって異なりますが数日復旧しない場合があります。

震災で地下の水道管やガス管が故障や破損した場合は、復旧作業が発生するため同市も時間がかかってしまうようです。
そんな際は備蓄用の食糧と水を3日分は蓄えるようにしておきましょう。3日間過ごすことができれば ほぼ普通の生活に戻れると思います。

水であればひとり当たり一日3リットルの飲み水が必要ですので、3日分のお水は一人当たり9リットル、4人家族であれば36L(大きな2Lペットボトルで18本分)です。 ミネラルウォーターを確保することも大事です。また、おすすめな方法としてはウォーターサーバーを備え付けておくことです。

ウォーターサーバーはいざというときとても活躍します。

ペットボトルとウォーターサーバーで水を使う頻度も変わりますし、電気の復旧は比較的はやいので、電気が復旧するとサーバーが利用でき、冷水、温水も利用できるのでとても便利です。
だから、不安な時間も安心して生活を送ることができます。特に家族が多い方にはお勧めです。

食糧と水を確保することで不安感は和らぐことでしょう。

災害がないときでも定期的に新鮮でおいしいお水が宅配されてきます。
日ごろから防災意識をもって備蓄水を準備しておきましょう。


いつもペットボトルで水を携帯外国の人って、よく見ていると水を携帯していることが多いですよね。
もちろん彼らとは生活習慣や考え方も違うのですが、基本的に外国では水質が悪く、水道水が飲めない国が多いので、

水は買うもので、また生活のあらゆるシーンで水分を補給して脱水を防いでいることが多いです。
もちろん清涼飲料水のようなものを好む人も多いのですが、最近のヘルシー志向で、水やノンシュガーのお茶を好む人が増えているのが現状です。

水は美味しいだけではなくまずは安全、飲んでも大丈夫なものを確保するのが最も大事なことです。
そしてもしウォーターサーバーを購入したならば、持ち歩くペットボトルやマイボトルを捨てることなく、
水だけを補給すればいいので、環境にも貢献することになります。

まとめ


今回は水をテーマに書いていきました。

いかがでしたでしょうか?

オーガニックや美容とは一見全く関係ないと思われるかもしれませんが、全てのことは密接にかかわっています。
私たちの身体にとって大切な水を少し勧化てみるいい機会ではないでしょうか?

地球の大地の恵みに感謝して暮らしていきたいのものですね。