キャリアオイルについて

キャリアオイルとは


キャリアオイルとは、植物から抽出された100%天然の油脂のことを指し、アロマセラピーなどに使われるエッセンシャルオイルを希釈するためによく使われます。
キャリアオイル自体は非常に濃厚な液体であり、そのまま肌に使用することはトラブルの原因となってしまいます。

栄養素・ビタミン・ミネラルなどを含んでおり、数多くある種類それぞれに違った特徴を持っています。

代表的なキャリアオイル


代表的なものがホホバオイルやオリーブオイル、スイートアーモンドオイルと呼ばれるもので、ホホバオイルは普通肌から脂性肌の方、オリーブオイルは乾燥肌や敏感肌のかた、そしてスイートアーモンドオイルは全ての肌質の方におすすめされています。

キャリアオイルには「溶かし、希釈し、それを体内に行き渡らせる」という役割があり、そのことから「キャリアオイル」と呼ばれていると言われています。

市販されているキャリアオイル


市販されているキャリアオイルには、未精製のものと、精製済みの2種類があります。未精製のものは、栄養価が高い分、酸化しやすく刺激を感じる人もいるかもしれません。

反対に、精製済みのオイルであれば酸化しにくく、刺激分が少ないものの、栄養分も少なく、また他の液体との混合品なども売られているため、購入するときに注意が必要です。

キャリアオイルはマッサージからスキンケアまで使えます



キャリアオイルとは、100%植物由来の原料で作られたオイルのことです。


キャリアオイルは単独で使うこともありますが、精油と混ぜてマッサージ用オイルとして使われることもあります。


精油は肌への刺激が強く、直接触れると炎症が起きる可能性があるためキャリアオイルで薄める必要があるのです。


キャリアオイルは皮膚を柔らかくし、精油の成分を皮膚の奥まで浸透させる働きがあるため、マッサージオイルに適していると言えますね。


また、キャリアオイルは多くの栄養を含んでいるため、マッサージだけでなくスキンケアにも役立ちます。


キャリアオイルに含まれる栄養素には、不飽和脂肪酸・ミネラル・ビタミン等があります。



キャリアオイルに含まれてる成分オメガ3




中でも、不飽和脂肪酸の1種である「オメガ3」は体内で作れない栄養素なのでキャリアオイルを利用して摂取したいですね。


オメガ3は全身の代謝アップに役立ち、肌の生まれ変わりサイクルである「ターンオーバー」を整える働きを持っています。

オメガ3は抗酸化作用を高め、肌の老化につながる活性酸素の発生を抑える働きも備えています。


キャリアオイルを使って日々のスキンケアを行えば、健康な肌作りにつながりますね。


キャリアオイルは原材料によって特徴が異なるため、自分の肌タイプや目的に合わせて適したものを選びましょう。


キャリアオイルの中でおすすめはアルガンオイル



どのキャリアオイルを使えばよいか迷ったら、アルガンオイルを使ってください。

オメガ3は、エステ店のアロママッサージでもよくつかわれる低刺激のキャリアオイルです。

ベビーオイルとしても使えるので、お子さんと一緒にスキンケアをしたいときに便利ですね。



肌質を気にせず使えるホホバオイルとグレープシードオイル




オメガ3と同じく、肌質を選べずに使えるのはホホバオイルとグレープシードオイルです。

ホホバオイルは抗炎症作用があるためニキビ肌のケアに役立ち、グレープシードオイルはさっぱりとした使い心地なのでボディマッサージに向いています。


色々なキャリアオイルに混ぜて使用できる万能オイルマカダミアナッツオイル




他のキャリアオイルや精油と混ぜて使う時は、精製されたマカダミアナッツオイルがお勧めです。


未精製のマカダミアナッツオイルは粘性が高くて特有の香りがあるため、合わせる精油やオイルは香りが控えめのタイプを選びましょう。


マカダミアナッツオイルには不飽和脂肪酸やビタミン類が多いうえ、キャリアオイルの中でも肌への浸透性が高いため乾燥肌と相性が良いです。


マカダミアナッツオイルと精油・キャリアオイルを混ぜて使う時は、混ぜるオイルの5~10%の割合でマカダミアナッツオイルを入れてください。


キャリアオイルは手ごろな価格で購入できるものも多いので、気になるオイルがあったら試しに使ってみましょう。



ココロコスメのキャリアオイルシリーズ



ココロコスメのバオバブオイル

ココロコスメのアルガンオイル

ココロコスメのホホバオイル

ココロコスメのマカダミアナッツオイル