オーガニックコスメの違い

オーガニックコスメの呼び方



オーガニックコスメといっても色々な表現方法があります。
無添加化粧品、自然派化粧品、天然由来化粧品といった呼び方をする化粧品がありますが、

オーガニックコスメとは違う扱いになります。

無添加化粧品は、石油系界面活性剤などの人口添加物(防腐剤や合成色素)が含まれていない化粧品のことを指します。

自然派化粧品、天然由来化粧品は天然成分が含まれた化粧品のこと呼びます。化学合成成分使用していますが限りなく抑えた化粧品のことを指します。




オーガニックコスメはオーガニックとは過去3年以上、化学合成農薬や化学肥料を使っていない栽培地で育てられた遺伝子組み換えではない植物(作物)を差し、植物原料を主体にして製造され化粧品を指します。

また、オーガニックの原料100%の化粧品なのか オーガニック植物原料が数%としか入っていない化粧品なのかによっても変わってきます。明確な基準が化粧品には現時点では設けられていないため判断する基準をとても難しいのげ現状です。

オーガニック化粧品100%の化粧品はとても珍しいものになります。化粧品を購入する場合はラベル製品表示を必ずチェックする必要心がけてください。





オーガニックコスメを必ず確認してほしいこと注意点






オーガニック認定表記の確認


オーガニックには基準を選定する認証団体が正解中にいくつかあります。
Na True(ヨーロッパ諸国)BDIH(ドイツ)ECOCERT(フランス)SOIL ASSOCIATION(イギリス)等になります。認証団体から認可を得て販売している化粧品にはラベルが記載されています。ただし、数%オーガニック植物原料が入っていれば記載できる場合もありますので、化粧品製造会社の製造基準で、石油由来排除やオーガニック植物の配合比を公表している化粧品を選択したほうが良いでしょう。
石油由来成分が多く含まれた化粧品はいくらオーガニック原料が入っていてもあまり意味がなく、逆に肌には悪影響を与えてしまう場合もあります。




原料・製造方法の確認



植物原料の原産国や製造方法等をしっかりチェックできる製造元の化粧品を選んでください。
オイルでも価格の安い化粧品から高い化粧品まであるように、製造している背景がしっかり見えるものを選ぶ必要があります。生産している環境、製造している環境、商品と取り扱っている環境です。
特に植物原料は原産国が大事になります。同じ商品でも原産国で含有量に含まれている成分の効能効果は大きな違いが出てきます。