オーガニックコスメの保湿クリームシアバター

オーガニッククリーム 種子オイルの力で肌を守り・ケア。

シアバターの魅力とは

シアーバターの実

アフリカ大陸のサバンナ地域の人々は、強い日差しや乾燥から肌を守り美しさを保つ為、何百年も昔から手製のクリームを作り使っています。それが近年全世界で注目されている、アフリカ生まれの万能クリーム、”シアバター”です。

シアバターの組成は、オレイン酸、ステアリン酸、その他微量成分で構成されています。

オレイン酸・・・・・・皮脂に近い成分で、潤いをもたらします。
ステアリン酸・・・・炎症をおさえる効果があります。
その他微量成分・・ヒーリング効果等があります。

非常に高い保湿性

シアバターの主成分はステアリン酸、及びオレイン酸です。ステアリン酸はシアバターを滑らかにする効果を担っており、その滑らかさが肌に良く馴染みます。
オレイン酸は人間の皮脂の主成分であり、お肌との親和性は高いことで知られています。また、乾燥を抑制する成分が含まれています。紫外線を防効果も高く、シアバター産出国のガーナでは生まれたばかりの子供の全身にシアバターを塗るほど重宝されています。

抗炎症作用

にきびや吹き出物、その他肌の赤みなど、お肌に起こっている各種の炎症を抑え、快方に向かわせてくれる効果を持っています。原産国ガーナでは、昔からシアバターの抗炎症作用を重視し、傷や火傷の治療時に使われていることが多かったと言われています。

酸化防止作用

お肌の酸化を抑制する効能があり、全身に塗ることでお肌の老化やシミなどの発生を未然に防ぐことが出来るようになります。
また、UVカット効果がある微量成分を含有しているので、お化粧の下地にもご使用可能です。肌のトラブルを癒してくれるステアリン酸の消炎効果も期待できます。お顔をはじめ、全身くまなくマッサージをすることで、オレイン酸の保湿効果でお肌にハリが生まれます。また、トラブルのある個所でも潤いがほしい箇所に、直接塗ったりできます。
原産国ガーナではシアバターを食用として用いる事でも知られております。

また、UVカット効果がある微量成分を含有しているので、お化粧の下地にもなります。肌のトラブルを癒してくれるステアリン酸の消炎効果も期待できます。お顔をはじめ、全身マッサージをすると、オレイン酸の保湿効果でお肌がプルンとします。また、トラブルのある個所でも潤いがほしい箇所に、直接塗ったりできます。
アフリカのサバンナ地帯に自生するシアの木の実から作られた、保湿・消炎の万能クリーム、ココロコスメのシアバターは、未精製100%です。安心して手荒れや爪のささくれ、かかとのひび割れ、唇の荒れ、発疹、吹き出物などを消炎し癒します。

シアバターの使用方法

顔の保湿

保湿クリームとして乾燥の気になるところに、すり込むようにのばす。目尻やほうれい線など、しわになりやすいところにも効果的お風呂上がり、就寝前にナイトクリームとしてお使いになると、寝ている間に浸透し朝お肌がしっとりしています。
抗酸化作用があるので、朝化粧水のあとに下地としてお使いになると、紫外線ダメージからお肌を守ります。

手足の保湿

手のうるおいを守るために日常のハンドクリームとして水仕事や手作業をなさる方の手指のケアに指先のひび割れ、あかぎれにすり込むと角質がやわらかくなりしっとりします。
固くがさがさになった、かかとや肘にお風呂上がりによくすり込んでください。
足指の乾燥は水虫の原因のひとつ。お休み前に足指、足裏にすり込み皮膚をやわらかくしましょう。

からだの保湿

腕、足、ボディなど全身の肌にお使いになれます。
乾燥によりかゆみがあるところにも効果的年齢とともに、かさつきが気になってきたところによくすり込んでください。

からだの保湿

パサついたり、まとまりのないダメージヘアに両手でなでつけるようにぬると髪につやが出ます。
少量で効果がありますので、顔や手足にぬった後、手のひらに残ったシアバターをつけるだけで十分

ひげそり後の保湿

ひげそり後につけると、カミソリで刺激を与えた肌をケアしてくれます。

こんな方におすすめ

全身いろいろな箇所の乾燥が気になる方に
一般のクリームの香料・着色料・防腐剤が気になる方に
乾燥肌で、肌や髪のパサつきが 気になる方に
肌にはなるべく化学薬品成分ではなく、自然素材のものを使いたい方に
皮膚の老化、乾燥、しわが気になる方に
敏感肌で肌が弱く、添加物にすぐ反応してしまう方に
一年中手荒れに悩んでいて、冬はとくにひどくなる方に

日焼けのケアとして使用

デリケートな赤ちゃんのスキンケアに防腐剤や香料などの添加物が含まれる商品を使用するのは人体に悪影響を及ぼしかねません。シアバターは、赤ちゃんにも安心して使用できるオイルです。

赤ちゃんへの使い方

赤ちゃんは肌が弱いためやさしくケア

ベビーマッサージとして使ったり、冬など乾燥の季節は乾燥対策としてお使いいただくのもおすすめです、おむつによる荒れ、ポツポツへのケアとして使う

皮脂の分泌量の多い赤ちゃんは湿気の多い夏場は特におむつかぶれをしやすくなります。シアバターに含まれるビタミン群は、荒れてしまったお肌のケアに最適です。適量を手に取り、人肌に温めてから気になる所に優しくなでる様にぬっていきます。

アロマオイルとして使用

シアバターは抜け毛ケア製品にも多く含有されており、髪にとってとても大切な成分です。

使用方法

シャンプーを使用前に、シアバターをたっぷりめにつけ、髪や地肌を手でやさしく入念にマッサージします。
マッサージすることで新陳代謝も促され髪の抜け毛も防ぐ効果が期待できます。
その後、蒸しタオルなどで頭髪をくるみそのまま15分ほどおいておきましょう。保湿効果、保温でしっかりと浸透し髪に潤いを与えます。
時間が経ったらシャンプーで洗い流してください。

かゆみケアとして使用

刺激に弱く、荒れたかゆみの強いデリケートな肌にはシアバターをたっぶりと塗り、10分ほど経ったら柔らかい布やコットンなどで、優しく拭き取るなどしてください。シアバターは汚れを浮かし落とす効果があるので洗顔と保湿の両方の効果が期待できます。

かゆみケアまたは、ニキビケアとして使う

入浴時の肌が水分をたくさん含んでいる状態の時に、適量を手に取り、オイルをのばしてください。
この状態の時に使用する事が最も長時間、お肌の乾燥やかゆみを感じずに過ごすことにつながります。
就寝前に再度塗布するのもおすすめです。
※希に、体質や使用箇所によっては最初、抗体反応の様にかゆみや軽い痛みなどが一時期的に出る場合がございます。大抵の場合、2~3日でおさまりますが、症状が続く箇所は使用お控え直ぐに専門医にご相談ください。

日焼けのケアとして使用

日焼けには水分補給の力が痛みやほてりを素早く取り去るために必要です。シアバターは水分を欲している肌に、十分な水分をとどめ皮膚を保護します。
また、シアバターは高級化粧品に天然の防腐剤として配合されていたり、抗酸化作用が高い事でも知られています。
日焼けした肌はどんどんコンディションが落ち、荒れ続けていきます。
すぐに肌の水分不足をケアすることは、日焼け後に起こる乾燥肌やシミ・シワ、吹き出物などのトラブル予防にも役立ちます。

使用方法

気になる場所にたっぷりとシアバターをやさしくぬって下さい。

シアバターの成分表

シアバター規格

外観 固体バター
黄色
比重(40℃) 1.460 - 1.475
酸価(mgKOH/g) 0.5 以下
ヨウ素価 52 - 66
過酸化物価(POV) 3.0 以下
不けん化物 4% 以上
水分量 0.1%以下
融点 34 - 44℃

脂肪酸組成構成

C12:0(ラウリン酸) 1 以下
C14:0(ミリスチン酸) 1 以下
C16:0(パルミチン酸) 3.0 - 8.0
C18:0(ステアリン酸) 36.0 - 50.0
C18:1(オレイン酸) 40.0 - 50.0
C18:2(リノール酸) 4.0 - 8.0
C18:3(リノレン酸) 1.0 以下
C20:0(アラドキン酸) 2.0 以下
C20:1(エイコセン酸) 1.0 以下
C22:0(ベヘン酸) 1.0 以下
C24:0(リグノセリン酸) 1.0 以下

比率(%)
主成分を株式会社日本食品機能分析研究所で調べております。

オーガニック クリーム シアバター

オーガニック クリーム シアバター

アフリカの女性達の、艶やかな肌。
アフリカの過酷な環境だからこそ、紫外線や乾燥から肌を守るクリームの製法が伝統的に代々受け継がれてきました。
顔や髪をはじめ、全身にご使用できます。

原産国ガーナ
主成分 シア脂100%

発売元 株式会社グラウンドキャッスル
化粧品製造会社 株式会社フッカコスメチックス
認証マーク オーガニック認証エコサート
認証マーク FLO国際フェアトレード認証マーク

1,300円

ご購入はこちら

【保管する際は温度に注意事項】

気温が高い国で採取される保湿クリームですので、日本のような寒い気候約10℃以下の温度になるとオイルが固まってしまいます。常温に置いておくと元に戻ります。一度固まっても品質に問題はありません。
シアバターは酸化しにくく長期保存が可能で開封しなければ2年は保存可能です。
封をあけて使用する場合は雑菌などが混ざってしまう事もありますので6ヶ月を目安に使用してください。

バオバブオイルとは

バオバブの木

アフリカを象徴する木「バオバブ」の種を圧搾して採れた100%ピュアオイル。アフリカでは、カラハリブッシュマンがマラリアの解熱や痛み止めに使っています。コスメの油としては、アンチエイジングの効果が期待できます。未精製で微量成分が沢山入っており、マッサージや手作りクリームにも最適です。具体的には、オレイン酸、リノレン酸、パルチミン酸、ビタミンA,d,E,F(γリノレン)と、アトピーの方にもお勧めできる組成です。

バオバブオイルに含まれる栄養素について

オレイン酸は、保湿力が高く、乾燥しにくい肌にし、老化を防ぐ力があるといわれています。
リノレン酸は、肌になじみやすく、肌のうるおいをたもち、肌を柔軟にする働きがあるといわれています。
パルミチン酸は、エイジングケア(老化を防ぐ)肌の酸化抑制の効能があるといわれています。
ビタミンAは、肌細胞の新陳代謝を高め、ハリとのある肌へ
ビタミンEは、紫外線からの肌ダメージを抑制する抗酸化力の強いお肌へ導くといわれています。
ビタミンDは、皮ふ免疫機能の活性化、傷などを治すといわれています。
ビタミンFは、肌の細胞の活性化。脂肪酸で不足になるとアレルギーの一つの原因抑制する効果があると言われています。

バオバブオイルの成分表

オレイン酸 30g/100g
パルチミン酸 27g/100g
リノール酸 23g/100g

シアバターとバオバブオイルのブレンドバター

シアバターとバオバブオイルのブレンドバター

成分:バオバブ種子油 シア脂 ミツロウ オクチルドデカノール ローズヒップ油 セテスー5 乳酸セチル パラフィン  マイクロクリスタリンワックス ヒノキチオール

原産国:シア脂 ガーナ バオバブオイル マラウイ

発売元 株式会社グラウンドキャッスル
化粧品製造会社 株式会社フッカコスメチックス
認証マーク オーガニック認証エコサートUSDA

1,900円

ご購入はこちら

シアバター&バオバブオイルのブレンドバター ローズ

シアバター&バオバブオイルのブレンドバター ローズ

成分:バオバブ種子油 シア脂 ミツロウ オクチルドデカノール ローズヒップ油 セテスー5 乳酸セチル パラフィン 香料 マイクロクリスタリンワックス ヒノキチオール ゼラニウム ローズオットー

原産国:シア脂 ガーナ バオバブオイル マラウイ

発売元 株式会社グラウンドキャッスル
化粧品製造会社 株式会社フッカコスメチックス
認証マーク オーガニック認証エコサートUSDA

1,900円

ご購入はこちら

【保管する際は温度に注意事項】

気温が高い国で採取される保湿クリームですので、日本のような寒い気候約10℃以下の温度になるとオイルが固まってしまいます。常温に置いておくと元に戻ります。一度固まっても品質に問題はありません。
シアバターとバオバブオイルのブレンドバター(ローズ)は酸化しにくく長期保存が可能で開封しなければ2年は保存可能です。
封をあけて使用する場合は雑菌などが混ざってしまう事もありますので6ヶ月を目安に使用してください。